気がつけば・・・

すっかりHatenaの存在すら忘れてましたとさ・・・。