読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

足回り再考2

根本的な見直しの為にOHLINSの出店、「UNO PER UNO」へ

まずは現状を見てもらい、要望を聞いてもらう。
要望は前述の通り。スプリングレートのアップを含めたことくらいかな?
出来るだけプリロードを減らしたい事、車高は少し上げておきたい事も訴えてみた。
# 自分はプリロード0がベストと先入観がありますが
# 必ずしもそうじゃないです。車重によっては掛けておいた方がイイ場合もあります。
# と頭で分かっていても先入観です。w


いまいち、自分の伝達能力不足があったのか「フロントの車高を下げて、まず様子を・・・。」という
話しか出てこない。w 今の状態では下げらんないんだよっっっ!!!w
当然、現在の車高にこだわりがあるわけではないし、出来ることなら下げたいが
そのための当座しのぎの状態なんだと言うことが、理解してもらえなかったようだ。。。w


あ、まるで相談にならなかった訳じゃないですよ。
当然ですが、相手はプロ。教わることは非常に多かったです。
ショックとスプリングの相性、現在の各メーカー、各サイズのスプリングのフィーリング、さらに
メーカーによるスプリングの差を生かすための減衰調整(DFVなので仕様変更)の理論。
現状の数値データもくれはしませんでしたが、ほとんど見せてくれました。


そんなこんなでOHLINSからの変更も含めて再考します。
基本としては全長調整やら減衰調整は自分には不要だと思ってます。
減衰調整にしても高速乗るから、街乗りだからと調整して
運転方法を変える事なんて自分には出来ません。
長調整もレバー比を考えたら怖くて触れない。w


そんなこんなでOHLINSの仕様変更も含めて
候補はエナペタル(ビルシュタイン)、V-VISION(HKS)、QRS(クアンタム)です。


OHLINSの仕様変更はスプリングレートを現在より10%アップのHYPERCO 9kgに。
これ以上上げると、リアはショートストロークに加工しないと
駄目らしい。(これは前述の伝達能力の問題で怪しいです。)
減衰はHYPERCOにあわせて、伸び側を高めに。
スーパーオーリンズなんてのもあるっぽいですが、自分が知らないものなので却下。w


エナペタルビルシュタインを加工したもの
オーダーは聞いてくれるっぽいですが、吊しの状態になるでしょう。
ビルシュタイン本家はドライバーには中々イイ感じのキットなんでしょうが、
ミニバンタイプの車だとどうしてもそれ以外の席で不満が出ると思います。
エナペタルはさすがに国産メーカーの謎ラインアップを研究してるだけあって
だいぶマシです。このショックならアイバッハERSのスプリングが非常にいいだろうなぁと思うんですが
スプリングメーカーの指定は出来ないっぽいです。
標準車高から35mm前後のダウンで許容範囲内。


V-VISIONはHKS S-Styleを加工したもの
俗に言うVIPタイプの車のようにがっつり車高を落とした車でも走れるのが売りのようです。
某所では大人気。もうこれ以外は足じゃないってぐらいの勢いでインプレが飛んでます。w
非常に安価でこれで済めばラッキーなんですが、きちんと設計された車高範囲で使うには
うちのように嫁も運転する場合には不向きなのかもしれません。
# 車高が低い車は低いなりの運転技術が必要です。w
# ドンペタだからと言って、馬鹿にしちゃいけません。

このショックならスプリングは少しでもストロークのあるSwift
レートも標準24Kgから22Kgぐらいに落とした方が楽しそうですね。
某兄貴が取り寄せまで出来るってのも非常にありがたい話です。


最後に自分の中では至高のショック、クアンタム。
遙か昔、FDの時には記録も出させてくれた足です。
国産メーカー用にクアドラってブランドを出してきてるみたいですね。
ラインアップはRB1用があるので、それをベースにして「ほぼ」オーダーメイドっぽくなります。
オデッセイにはオーバースペックどころじゃないですが、絶対に結果が付いてくる足になるだろうと信じてます。
# かなり妄信気味です。w
スプリングは始めからHYPERCO。ショック減衰によってはERSになるみたいですね。
クアンタムの味付けなら標準スペックから少しアップの14Kg前後までは余裕のはずなので問題なし。
標準車高から35mm前後のダウンで許容範囲内。


こんな感じで書いてると、クアンタムに決まっているような感じですが
V-VISIONは某兄貴の推しが強烈なので惹かれてます。
車高の問題がクリア出来れば、クアンタムまで行かなくて済むんだけどなぁ。。。


そんな悩み中。
あれ?免停は??